肩甲骨はがし グラストンテクニック

肩甲骨周りが固まっている人多いですね。いかに凝りをほぐして、動きが出やすいようにするか。

1回の治療で効果を上げ、またその効果を持続させてることには・・・

治療家のほとんどが、課題としているのではないでしょうか?

それは、glaston僧帽筋、肩甲挙筋、棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、菱形筋、広背筋・・・たくさんの筋肉が腱になって肩甲骨にくっついているからです。

グラストンは、これまで鍼灸やマッサージではアプローチの難しかった、靭帯や腱の改善に効果をあげています。

また、手術後や筋肉損傷後の瘢痕組織を改善することを得意としています。

皮膚の上から軽くなぞるような感触で行いますので、ほとんど痛みを伴いません。

しかし、奥の方に効いている~と実感できます。

温めた後で施術が効果的なので、当院ではお灸とも組み合わせを多用しています。

鍼灸の標準治療の中に組み込んで行っています。

治療の最後、側臥位で行うことが多いです。

 

グラストンについての詳細はこちら

GT Japan Logo_editable type

関連記事

6月の診療予定

6月11日(月)から18日(月)までは臨時休診といたします。 …

ページ上部へ戻る